ありがとう!ミルナ ポトコヴァッツ
   昭和53年(1978年)〜昭和55年(1980年)


 「ミルナとはじめて会ったのは、彼女が大阪外国語大学生のときだった」 軽部は、手記
で語る。
テレビの海外取材番組を見ていて、流暢な日本語を話すユーゴの留学生にひかれた。
そして、とうとう会うことができた。 昭和53年12月のことだった。

  ミルナは、オペラの「ニコラ・シュービッチ・ズリンスキー」を知っているばかりでなく、オ
ーケストラのヴァイオリニストとして 出演したこともあったという。彼女に資料収集などの
協力を依頼したら、快く承知してくれた。

 昭和54年1月グリークラブ・リサイタルに、ミルナは一人の大男を連れてきた。彼の名
はヴェリメル ドゥミチッチという。 ザグレブ・アカデミー合唱団のバリトンとしてオペラに何
度も出演したとのこと。アンコールで一緒に歌いたいという。

 新月会員にならんで彼もステージに登った。幕が下りて、みんな、ウ ボイのふるさとの
青年と共に歌えた喜び の握手をかわした。

【ミルナの献身的な協力】

 ミルナは、熱心だった。1年半にわたって、次のような献身的な力添えをしてくれた。

  • 歌劇「ニコラ・シュービッチ・ズリンスキー」の上演100周年記念プログラムの提供
      (初演は1876年11月4日)
  • 歌劇全曲の指揮者用ピアノスコアの提供(ザグレブ市内を探しまわるが見つからず実家のものを提供)

  • 「シゲット城の町は、今はユーゴスラビアとの国境近くのハンガリー領のセゲド市」
    とのレポート
  • オペラ全曲のLPレコードの提供
  • その他、100点を超す資料の提供

←新月会の招きで来日のミルナさん一家
  (平成6年6月) <右から2人目がミルナさん>

やがて、彼女の帰国の時が来た。(昭和55年6月)
 それから1年後、国営船会社ユーゴラインの一等航海士と結婚、長女モラナが生まれた。 ミルナは、国立劇場オーケストラのヴァイオリニスト、日本語教室の開講そして島崎藤村の 「破戒」をクロアチア語に翻訳するなど、日本通の才媛として大活躍。 思えば、ミルナはルーツ探索の旅にとって、欠かせない素敵なパートナーだった。 そして帰国後も、何かと協力を惜しまなかった。 彼女との縁は深い。ルーツ探索の旅のフィナーレには、この佳人が再び登場してくれるのである。

 


前のページへ

目次へ戻る

次のページへ