ニューヨークでの劇的なきっかけ 昭和40年(1965年)


 ウ ボイは、当初「セルビア戦歌」とプログラムに記されていた。それが、いつの間にか
「チェコ民謡」となって、長い間歌われ続いた。

 小林哲夫(昭和26年卆)は、在学中にルーツの探索に挑戦した。やっとのことで、文通
を始めたチェコのペンフレンド゙は 「チェコではなくユーゴの歌ではないか」と思いがけない
返事をくれた。 その後の手がかりはつかめなかった。 しかし、ルーツ探索の糸口が思い
がけない時と場所で、劇的なきっかけに恵まれ遂に見えてくるのである。

【ニューヨークの世界大学合唱祭でのドラマ

  関西学院グリークラブ゙は、1965年(昭和40年)世界大学合唱祭にアジアの代表とし
て名誉ある招待を受け、ニューヨークのリンカーンセンターのフィルハーモニックホールに
出演するために渡米。

  合唱祭初日(9月20日)の昼食会、その時である。  劇的な衝撃が走った。
その驚きの模様をグリークラブは『亜米利加見聞録』に下欄のごとく記している。

ユーゴ代表がウ ボイを唱和した!

 (中略)南米の連中は、大はしゃぎだ。食事がまだ終らないと
 いうのに、手拍子・足拍子、ほんとうに楽しくてたまらないとい
 う感じで、とうとう歌いだした。

 これに触発されて、「一発、やるか」とばかりウ ボイを歌い出
 すとどうだろう、ユーゴの連中が立上がって調子を合わせて
 いるではないか!

   後で聞くと、ウ ボイイはユーゴのオペラに出てくる有名な行
 進曲だと いう。 第1次世界大戦後、我々の先輩がチェコ軍に
 写譜させてもらっ た『ウ ボイ』は半世紀にわたって、「チェコ民
 謡」として歌われてきたのである。思いがけない収穫であった。

  これには、林先生(林雄一郎・新月会会長・昭和9年卆)も
 いささか驚かれた様子であった。
              (関西学院グリークラブ゙「亜米利加見聞録」より要約抜粋)

 合唱祭に招待されたのは、15ヶ国20大学。昼食会で立上がって、ウボイを 唱和した
ユーゴの代表はスコピエ大学文化協会合唱団
であった。 もし、この第一回の合唱祭の
アジア代表に関西学院グリークラブが選ばれなかったら、このハプニングはなかったか
もしれない。
 それは、M.バーソロミュー氏(元エール大グリークラブ指揮者・当時、世界大学合唱
祭名誉顧問・世界的な合唱音楽の権威者)が、合唱祭のJ.ビョーギ監督に 「鶴の一
声」で推薦してくれた思いがけない賜物であった。

 このことは、山本雅也(昭和27年卆・物故)のエール大グリーとの文通の後を引継ぎ
その後、長年に亘ってバーソロミュー氏と情報交換 をしてきた三橋廉平(昭和28年卆)
が、後日、ビョーギ氏からその ことを聞かされるのである。 ウ ボイは、奇しき因縁が
つきまとう。

【なお、続く探索の道のり】

 しかし、ルーツ探索の大きなきっかけを掴んだものの、このスコピエ大のメンバーから
オペラの題名や内容について知ることはできなかった。さらに、一歩進んだ調査へと進
むには、切歯扼腕の年月を暫く過すことになる。


前のページへ

目次へ戻る

次のページへ